食器洗い乾燥機

 食器洗い乾燥機 ナショナル NP-40SX2(2002/09/11)

おためし120x600_980
 [食器洗い乾燥機の選択]
自宅のキッチンスペースに納まるサイズで考慮すると。
まず、消去法でいくとTOTOのEUD310と日立のKF-S60Sは高さで60cmを超え、上段の扉が前に開きキッチンの棚に干渉するので消去。
次にサンヨーは少し小さいので消去、出来る限り大きい方が良い。
因みに我家は二人暮しだが洗い物は結構たまるので出来る限り大きい方がいい。
最後に残ったのが東芝のDWS-70DYと松下のNP-40SX2ですが、実物を見て東芝の方が扉を開けた時に間口が広く、上下の棚が独立して引き出せるので使いやすそうなので東芝に決定した。
しかし購入したのは松下のNP-40SX2。やはり金銭には勝てなかった。
東芝の方が\6,000以上高かったので諦めました。日常の使用ではほとんど変わらないでしょう。(^_^;)



食洗機を購入される方は十分に事前調査をしてから購入してください。
まず調査することは食洗機は結構大きいので設置場所の確保、扉が開くスペースがあるか、水栓などにあたらないか確認。
そして一番問題なのが食洗機には給水が必要なのでキッチンの水道蛇口から分岐水栓で給水できるかです。
業者に頼むと何も考えずに済みますが、部品と工賃で\20,000ぐらいは覚悟した方が良いでしょう。
私はいろいろ悩んだ末、\3,000弱で済みました。もちろん工事は自分で行いました。
今はインターネットがあるので何でも調べることが出来ます。
みなさんもがんばって無駄なお金を投資せず、節約できるところは無駄な出費は抑えましょう。


  • [調査編]


  • [導入編]


  • [使用編]


  • [洗剤編]


  •  [総評]

    今回食洗機を導入するにあたり、これほど事前調査及び準備をしたのは初めてです。
    なぜそこまで事前調査に力を入れたかというと、食洗機本体の出費は仕方が無いにしても食洗機に給水する分岐栓の工事費(部品込)が\20,000以上かかるので、これを何とか抑えることが出来ないかといろいろ調べました。
    いろいろ調べた甲斐があって本体以外の出費は最小限に抑えることができ、本体のほうも店頭より格安で購入することが出来ました。
    最新の食器洗い乾燥機を50,000円以下で導入できたので非常に満足です。\(^O^)/


    SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO